秋の子供会におすすめ、知育にも役立つマジックショーとは?

子供がゲームをしているイラスト

子どもは不思議なもので、とても好奇心旺盛で何にでも興味を抱きます。

興味を持つことで知りたいという気持ちが生まれ、探求心が育まれます。子どもの知育とは物事に取り組む際に必要な知恵を養うことであり、その教育のことをいいます。

知育の過程で発達するのが考える力で、幼児期の好奇心が脳を活性化し養われていきます。この力は子ども達が将来を生き抜く力の原点となり、学年が上がってからの学力にも影響を与える大切なものです。

マジックは知育にとても役立ちます。トランプを使ってカードが消えたり出てきたり、カードの数字を言い当てたりするマジックを見ると子ども達は大変驚きます。

なぜそんなことができるのだろう?どうやっているのだろう?と目を凝らしながら、子ども達は一生懸命に考えます。目の前で繰り広げられるマジックの光景に、驚きによってイメージ脳である右脳が刺激され、考える際に左脳が程よく刺激されるのです。

マジックの手際の良さに感動を覚えながら、子ども達の脳が活性化して考える力も伸びていきます。

 

マジックショーは子ども達を決して飽きさせないように、次々に手を変え品を変えてショーを展開してくれます。またマジシャンによるショーだけでなく参加型のマジックもあるので、子ども達が更に楽しめる企画も盛り沢山です。

秋はイベントの多い季節です。保育園や地域の子供会などの催し物としても、知育に役立つマジックショーを取り入れてみては如何でしょうか。

出張マジックはマジシャン派遣ランドへお任せください!