複業で初めてマジシャンを目指す人が知名度を上げる方法

複業でマジックをやってみたい、マジシャンやパフォーマーになりたいという人におすすめ! 東京都公認のヘブンアーティストをご紹介します。

ヘブンアーティストとは、東京都からライセンスを与えられて指定した公園などで活動するパフォーマーのことです。パフォーマンスのプロがその審査に立ち会います。マジシャンとしての技術力はもちろんいかに観客を楽しませるか、魅力あるパフォーマンが出来ているかなどが求められます。

「肩書なんて関係ない。素晴らしい演技ができればそれでいいじゃないか」と思う人がいるかもしれません。確かに肩書がすべてではありません。でも、素晴らしい演技とは何でしょうか。誰にも相手にされなくても自分だけがうまく出来たと思っていればそれで良いのでしょうか?

複業でマジシャンになるためには自分が楽しむだけではいけません。自分だけでなく自分以上に観客を楽しませる力が必要です。肩書を持つということはその実力を客観的に評価されたということを表します。

審査は年に1度しかありませんが応募資格で住所や国籍、年齢は問われません。強い意志と実力とそしてわずかな運が必要です。もちろん何度でも挑戦できます。ヘブンアーティストはあくまでも一例ではありますが、複業でマジシャンとして知名度を上げたいと思っている人は、一つの目標として取り組んでみてはいかがでしょうか?

出張マジックはマジシャン派遣ランドへお任せください!